◎会  期:平成29年2月14日(火)~ 19日(日) 
◎会  場:福岡県立美術館3F

学生の制作研究を支援し、更なる発展を促す目的で5年前に同窓会賞を設定しました。
今年度も6名の方々へ同窓会優秀賞(大賞)や同窓会優良賞を差し上げることが出来ました。同窓会会長、副会長が2月15日に福岡県立美術館へ向かい審査を行いました。5つのフイルード(ファインアート・ビジュアルデザイン・住環境デザイン・クラフトデザイン・写真)より各1点、全体から1点の合計6点を選びました。同窓会優秀賞(大賞)、彫刻「イエロー・サブマリン」於保彩花さんの彫刻は、擬人化された動物を木彫で表現しています。長い首を背中に回し後方を眺めています。その先には何が見えるのでしょうか。身体には美しい織物の文様が施され実に華やかです。独特の存在感と作者の素直な感性に心から素晴らしいと感じ入りました。2年間の制作研究で、これ程の作品をつくり上げた於保さんに心からの賞賛を贈りたいと思います。於保さんを始め、皆さんのこらからの活躍を同窓会一同、期待しています。 同窓会優秀賞(大賞) 彫刻「イエロー・サブマリン」於保彩花さん 同窓会優良賞 彫刻「タガ 」田畑絢巳さん 写真「Portrait」郷直樹さん 映像 プロジェクションマツピング「佐賀バルーンフェスタ」松本絵里香さん 陶芸「素」荒木柚季さん 住環境設計「木工教室が開ける家」平居優果さん 3月17日(金)卒業祝賀会にて、6名の方々へ表彰と記念品を贈呈します。 

sotsuten-48.jpg

平成29年2月13日~平成29年2月19日まで開催した、第5回「ZO-TANな人たち展」
熊本、大分震災支援展及び津森小学校ワークショップの報告をいたします

会期:平成29年2月13日(月)~19日(日) 10:30~19:30 19日は17時まで 
会場:ギャラリー風 1F 福岡市中央区天神2-8-136新天町北通り 092-711-1510
主催:九州造形短期大学同窓会薫風会 〒813-8503 福岡市東区松香台2-3-1
TEL 092-673-5151
後援:九州造形短期大学、ギャラリー風

参加者:木戸龍一、小田部 黄太、柴田善二、筒井知徳、前田信明、松村明、安部順是、稲留ひびき、太田黒美幸、太田良子、大平絵里、尾崎智子、小野愛、川崎加代子、川本恒一、木戸瞳、小林京子、古森文代、塩川華湖、末吉美奈、髙山美加、髙山由加、豊増彩華、直塚志緒里、仲村理恵、那須野幸代、濱田みのり、濱田隆志、原田聖子、原野恭子、撫養陽子、山本利致、若木桃子
特別出品:津森小学校児童作品



第5回「ZO-TANな人たち展」

熊本、大分震災支援展では、57名の105作品を展示しました。第1回~第5回展で155名の255作品を展示し交流することが出来ました。今回も現職教員、退職教員、卒業生、在学生などの作品を展示しました。会期中に800名程のご来場を頂き、今回も多くの素晴らしい出逢いを共有することが出来ましたことを心から感謝致します。第5回「ZO-TANな人たち展」を開催するにあたり、会場提供を頂きましたギャラリー風と開催支援を頂きました多くの皆様に心よりお礼を申し上げます。今後とも皆様の温かいご支援を、九州造形短期大学や同窓会及び関係者に頂けますようお願い申し上げます。 売り上げ収入(作品売価の50%)は、第5回「ZO-TANな人たち展」参加募集要項にありましたように、熊本、大分震災支援金として寄付させて頂きます。関係の皆様には、作品の出品、購入、展示、会場運営、広報等々にて大変お世話になりました。また今回は震災支援特別企画として益城町立津森小学校でのワークショップや天神での作品展示、ギャラリー訪問等の交流支援もお陰で進める事が出来ました。熊本、大分の震災復興が進むことを皆様と共に今後も見守り、支援を続けて行きたいと思います。

1月25日(水)熊本県益城町立津森小学校ワークショップボランティアの企画開催 
活動支援参加者:安部順是、山本利致、小林京子、古森 文代



<支援金送付先>

熊本:益城市役所→益城町役場→益城町立津森小学校(教育支援金として)100,000円
大分:由布市役所→由布市災害支援金(教育支援金として)  27,500円


展示会挨拶文 資料(全文) 

第5回「ZO-TANな人たち展」にご来場くださりありがとうございます。本展は、九州造形短期大学同窓会薫風会による特別企画展です。熊本、大分では、多くの方々が震災により不自由な毎日を過ごされています。被災された方々に寄り添い、少しでもお役に立つことが出来るよう、第5回「ZO-TANな人たち展」は、熊本、大分震災支援展として開催致します。趣旨に賛同頂いた造形短大の現職教員と退職教員、卒業生、在学生、公開講座受講生の小品を展示しています。今回は、益城町立津森小学校3年生13名、4年生11名のワークショップ作品(好きなもの、好きな場所を表現しよう)を特別展示しています。熊本、大分の被災された方々を想いながら、芸術の持つ力と可能性を皆様と確認することが出来ましたら幸いです。薫風会は「芸術活動を通じて社会貢献を行う」ことを活動理念としています。本展開催にあたり関係の皆様に様々なご支援を頂きました。心から感謝申し上げます。今後共、皆様の温かいご支援を九州造形短期大学や同窓会及び関係者に頂けますようお願い申し上げます。 
公的機関を通じて、作品売り上げの50%を熊本、大分へ寄付致します。皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。寄付の詳細は、本会HPにてご確認ください。

平成29 年 2月 第5回「ZO-TANな人たち展」熊本、大分震災支援展 実行委員会 
主催:九州造形短期大学同窓会薫風会 後援:九州造形短期大学、ギャラリー風 


 

来年2月になりますが前回と同じ福岡市天神のギャラリー風 1 Fにてグループ展を行います。 今回は、熊本、大分震災支援活動として売上金の半額を寄付することを前提といたしておりますので、 出品作品はすべて販売いたします。販売の簡素化をはかるために販売価格を1作品 5,000円もしくは10,000円といたします。 また薫風会のfacebookページ上で参加者の方の作品などを随時紹介して行く予定です。詳しくは本ページに添付されております応募要項をダウンロードのうえご一読ください。
皆様の出品をお待ちいたしております。

facebook > https://www.facebook.com/kunpukai/?hc_ref=SEARCH

※写真は前回の展示風景です。

20161114_1.jpg 20161114_2.jpg

【第5回「ZO-TANな人たち展」熊本、大分震災支援展】
◎参加資格:九州造形短期大学在校生、卒業生、公開講座受講生、教員、OB教員

◎会  期:平成29年2月13日(月)~19日(日) 10:30~19:30 19日は17時まで
      2月13日(月) 8:30~9:00搬入 9:00~10:30展示 10:30開場

◎会  場:ギャラリー風 1 F 福岡市中央区天神2-8-136新天町北通り 
      092-711-1510

◎展  示:会場に送付するか参加者が持ち込む。展示は事務局が行う。

◎参加費:無料、事前に申し込み用紙を事務局に送付する。

◎出品作品:平面、立体、デザイン、工芸、写真などの美術造形作品、販売可能な作品
      に限る。平面作品は6号若しくはA3サイズまで。立体造形物は30㎝×30㎝
      ×30㎝まで一人4点まで ※壁面に2段展示あり

◎売  価:1作品 5,000円、10,000円で販売。熊本、大分震災支援活動として、
      売上金を寄付する。

◎搬入日時:2月13日(月) 8:30~9:00に会場に搬入 (宅急便等で送る場合も同様)

◎搬出日時:2月19日(日)17:00~18:00に搬出 (作品の返却を希望者する方)

◎申込期間:12月26日(月)までに届くよう、申込書を郵送してください。 

申込書.pdf(691KB)

日時:平成28年6月25日(土) 
総会:13:30~14:30 懇親会:16:00~17:30
場所:九州造形短期大学 九州産業大学アルテリア 福岡市東区松香台2-3-1

第47回九州造形短期大学同窓会薫風会、総会・懇親会が「九州造形短期大学」「九州産業大学アルテリア」にて開催されました。司会を大墨事務局長が担当、議長を山本幹事長が担当しました。安部会長が理事会を代表し挨拶しました。都知木常任理事が「平成27年度事業報告と決算報告」を行いました。柴田、福本監事が監査報告を行い、質疑応答の後、同報告が拍手で承認されました。「同窓会新幹事会」「平成28年度事業計画案及び収支予算案 」を提案し、質疑応答の後、同案も承認されました。安部会長が名簿管理、薫風会新HPの追加説明をしました。山本副会長の閉会宣言で第47回総会が終了しました。その後、10分間にまとめた旧校舎の映像をご覧頂きました。造短上映会後、幸いに梅雨の雨も上がり、旧校舎の前で集合写真を撮ることが出来ました。短大事務職員のご案内で15,16号館と新築された工房棟の見学も行いました。九州産業大学アルテリアにて16時から、来賓及び特別会員の皆様にもお越し頂き、懇親会が行われました。司会を幹事会の砂田さんと寺澤さんにお願いしました。会を代表して安部会長より、日頃のお礼と会の活動についての話がありました。来賓を代表して中村産業学園、一ノ瀬理事長よりご挨拶を頂戴しました。九州造形短期大学を代表し黒岩学長より、本会へ感謝のお言葉と短大の発展支援のお願いが有りました。乾杯の音頭を元学長の吉武先生にお願いしました。今年の春、リニューアルしたアルテリアには、造形短大の学生作品も飾られています。特別ゲストとして九州を中心に活躍するmonさんのミニコンサートも行われ、会場は造短らしい温かい空気になりました。懐かしい先生方もご参加くださり和やかな時間を共有することが出来ました。博多一本締めを小田部先生にお願いしました。総会や旧校舎前での集合写真、新校舎見学会、懇親会とてんこ盛りの一日となりました。ご参加下さいました皆様に心よりお礼を申し上げます。今年も幹事会の皆さんが事前準備や当日の運用をお手伝い下さいました。若い力に今年も大きな感動を頂きました。また、総会懇親会開催に当たり九州産業大学、九州造形短期大学の関係各位に様々なご支援を頂戴しました。深くお礼を申し上げます。第48回薫風会総会懇親会で皆様にお会い出来ますことを楽しみにしています。お元気でお過ごし下さい。

20160711.jpg

 

第47回同窓会薫風会総会は、九州産業大学 芸学エリアに移転した造形短大の新校舎で開催します。懇親会は「芸術のある食堂」をコンセプトに今年の春リニューアルオープンした、九州産業大学 中央会館1階の「アルテリア(Arteria)」で行います。お世話になった先生方や友人と共に特別な空間で、豊かな時間をお楽しみください。今年は造形短大の再編に合わせて、総会の後に新校舎の見学会を企画しました。
懐かしい旧校舎もこの機会にご覧ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。


平成28年度 第47回 九州造形短期大学同窓会 薫風会
【総会】
 ●日時:平成28年6月25日(土)
  総会受付:13:00~13:30/総会:13:30~14:45
 ●場所:九州造形短期大学 新校舎(九州産業大学中央会館前 16号館2階)
 〒813-8503 福岡市東区松香台2-3-1 TEL 092-673-5151(九州造形短期大学)
 ●造短上映会:14:45~14:55 (造短の懐かしい校舎を映像でご覧頂きます)
 ●学内見学会:15:05~15:45 (造短の新校舎をご案内致します)自由見学


【懇親会】
 懇親会は九州産業大学 中央会館1階「アルテリア(Arteria)」にて行います。
 ●懇親会受付:15:30~16:00/懇親会:16:00~17:30
 ●場所:九州産業大学 中央会館1階「アルテリア(Arteria)」 
  TEL092-673-5133 

 (Arteria) 〒813-8503 福岡市東区松香台2-3-1 
        TEL 092-673-5050(九州産業大学)
 ●懇親会参加会費:お一人4,000円・新会員47期生は2,000円
 (受付時にお支払い下さい) ※飲酒される方は、公共交通機関をご利用下さい。



▲写真は2015年度の懇親会の写真です。▲


会長挨拶


 皆様お元気ですか。同窓会機関紙「薫風Vol.32」発行にあたりご挨拶を申し上げます。九州造形短期大学及び九州産業大学芸術学部を中心とした再編の取り組みとして、この春、芸術学部や美術館、柿右衛門窯を有する芸術エリアに造短の校舎が移転しました。15、16号館と新築された工房棟が学生の中心活動場所となっています。造短の移転に合わせて同窓会薫風会も中央会館へ活動拠点を移しました。この再編を機に、造形短大と同窓会薫風会が共同体としての協力関係をさらに深め、共に発展していけるよう、母校の発展支援、さまざまな活動を通じての社会貢献を同窓会薫風会は積極的に推進して参ります。母校の改革は始まったばかりです。これからが本当の勝負となります。皆様の力強いご支援をお願い申し上げます。今年の総会は造短で開催します。新校舎と頑張っている学生の姿を見にいらしてください。懇親会は「芸術のある食堂」をコンセプトにリニューアルオープンした、中央会館1階の「アルテリア」で行います。造短上映会や新校舎の見学会も企画しています。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。4月に発生しました熊本、大分地震で被災されました方々に心よりお見舞いを申し上げます。被災地の方々は、想像を絶する毎日を過ごされておられることだと思われます。皆様と同じように、熊本や大分の事を思わない日はありません。会としても、少しでもお力になれたらと思います。一日も早い復興をお祈り申し上げます。中村産業学園より、機関紙「薫風」発行に合わせて、短大情報ダイジェスト版「+K」の送付依頼がございましたので同封致しております。ご一読下さるようご案内申し上げます。
 成長する母校、九州造形短期大学と本同窓会に、今後とも皆様の変わらぬ、ご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


平成23年に発生しました東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で消失した、宮城県「小谷館八幡神社」の舞殿に鏡板の松を寄贈しました。
被災地在住の同窓会会員より要請を受け、同窓会薫風会と造形短大の有志で「松の絵」を3m四方の杉板に描きました。Facebookに「松の絵プロジェクト」の詳細を公開していますので、是非ご覧ください。
www.facebook.com/matseunoe

_DSC4496.jpg


機関紙「薫風」発行の際「薫風会や大学、学生の支援金」として会員の皆様にご支援をお願いしましたところ、合計78,000円のご寄付を頂きました。
香椎祭の支援、第4回「ZO-TANな人たち」展の開催、松の絵プロジェクトの企画運営、卒業制作展表彰等を始めとして、皆様のご支援のお陰で多くの活動を企画運用することが出来ました。
皆様のご支援に同窓会役員一同、厚く御礼を申し上げます。
---------------------------------------------------------------------------

中村産業学園より学部再編や大学改革を行うための「募金趣意書」の送付依頼が有り「薫風」発送の際に同封致しました。
皆様より中村産業学園へ温かいご寄付を頂きましたことを深くお礼を申し上げます。
また今年も引き続き、中村産業学園への寄付支援を行いますので、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------------

展覧会(第4回ZO-TANな人たち展)の売り上げの一部9,200円を九州造形短期大学へ寄付致しました。
---------------------------------------------------------------------------

今回の寄付金の運用は、九州産業大学、九州造形短期大学HPや大学情報誌+K、機関紙「薫風」Vol.32、薫風会HPにてご確認下さるようお願いします。
今後共変わらぬご協力ご支援をお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------------

◆◆ ご寄付頂いた方々(敬称略) ◆◆ 河瀬 安希子、木戸 瞳、安達 清子、米丸 明秀、原野 恭子、末松 伸洋、末松 恵、竹原 裕子、梶木 このみ、森 寿美子、志濃原 実、荒木 紀子、中村 紗世美、糸永 和歌子、吉野 美幸、牧志 正人、山本 健介、藤木 絹江、岩本 和美、岡部 万里子、三溝 孝二、重井 千代、角田 勝幸、宮本 みどり、福田 恭子、川島 のぶ子、尾崎 智子、小野 愛、髙山 由加、髙山 美香

◆◆ 平成28年度募金のお願い ◆◆ 本年度も昨年同様に薫風会会員の皆様が誇りに思える会となるよう積極的な活動を行います。
薫風会の活動理念は、「造形芸術の素晴らしさを伝え、美術表現者や愛好者を増やすこと」「会員相互の交流親睦を推進すること」「母校、九州造形短期大学の支援」「さまざまな活動を通じての社会貢献」です。
本年度は、熊本、大分の各被災地へ、皆様から頂きました寄付金の一部を震災支援金として寄付させて頂く予定です。
どうぞ趣旨をご理解下さりご支援ご協力のほど、お願い申し上げます。
◆◆ 募金の払い込み方法 ◆◆ 下記の口座へご入金をお願いします(薫風封筒に払込取扱票は同封されていません) ゆうちょ銀行(郵便局) 口座番号01710-1-40088 九州造形短期大学同窓会 ゆうちょ銀行払込取扱票へ、大変お手数ですが、卒業年度・卒業学科・コース・フィールド、郵便番号、住所、名前、電話番号をご記入下さるようお願いします。

会期:平成28年1月26日(火)~31日(日) 
会場:福岡市美術館市民ギャラリーA・B・C・D
同窓会では、学生の制作研究を支援し、更なる発展を促す目的で同窓会賞を設定しています。今年度も6名の方々へ同窓会優秀賞(大賞)や同窓会優良賞を差し上げることが出来ました。3名の理事が初日に福岡市美術館へ向かい審査を行いました。どの作品にも輝く魅力や制作者の思いがあります。大きさや素材、表現の目的も違います。学位授与式にて、卒業される皆さんへお話しましたように、全ての作品に何らかの賞を差し上げたくなりました。2年間であれほどの作品を生み出した皆さんの造形芸術に対する熱い思いや、造形短大の教育力の高さを改めて感じる審査会となりました。5つのフイルード(ファインアート・ビジュアルデザイン・住環境デザイン・クラフトデザイン・写真)より各1点、全体から1点の合計6点を選びました。卒業祝賀パーティー会場で表彰状と記念品を安部会長より贈呈しました。永芳さんを始め、皆さんのこらからの活躍を期待しています。

sotsuten47.jpg

日時:平成28年4月5日(火)10時~ 
場所:九州産業大学 1号館2階S201番教室

新入生を歓迎するように満開の桜が咲きほこる中、第48回入学式が行われました。
今年の入学者は131名です。
黒岩学長告示、一ノ瀬理事長の挨拶、後援会長祝辞の後、新入生を代表して小野寺 由惟さんの決意表明が有りました。
喜びと、期待を感じる素晴らしい挨拶でした。
在学生を代表して、学友会総務副委員長の田中きらさんより歓迎の言葉が有りました。
在学生の書道パフォーマンスも有り、48期生を歓迎する温かい空気が会場に溢れていました。
新入生の皆さんは、この春から新しく新設された空間で様々な体験や学びを深めて行かれることでしょう。
131名の健闘を祈ります。

201606-01.jpg 201606-02.jpg 201606-03.jpg