「第4回 ZO-TANな人たち展」 「間をつなぐもの・造形な人たち展」開催報告


 

九州造形短期大学同窓会 薫風会企画「第4回ZO-TANな人たち展」「間をつなぐもの・造形な人たち展」を開催しました。
 会期:平成28年1月18日(月) ~24日(日)10:30~19:30 
    18日12:00開場、24日17:00まで
 場所:ギャラリー風 1F 2F
    福岡市中央区天神2-8-136新天町北通り  092-711-1510
総合造形芸術の専門家を育てている大学らしく、様々な分野の作品を展示しました。皆様のご支援のお陰で、これまでに関係者95名の150作品を展示することが出来ました。「第4回ZO-TANな人たち展」では、18名の29作品を展示しました。今回は、造形短大の再編に合わせた 特別企画として「間をつなぐもの・造形な人たち展」を同時開催し、現職教員、退職教員、卒業生、10名の20作品を展示しました。元気な造形短大を発信することが出来たことはとても喜ばしい限りです。開催にあたりご支援を頂きました方々に深くお礼を申し上げます。会期中に700名程のご来場を頂き、今回も多くの素晴らしい出逢いを共有することが出来ましたことを心から感謝致します。平成28年度からの九州造形短期大学の再編の取り組みとして、短大の校舎は九州産業大学、芸学エリアに移転します。この再編を機に、造形短大と同窓会薫風会が共同体としての協力関係をさらに深め、共に発展していけるよう、美術表現者や愛好者を増やす活動と母校九州造形短期大学の発展支援、さまざまな活動を通じての社会貢献を同窓会薫風会は積極的に推進して参ります。今後とも皆様の温かいご支援を九州造形短期大学や同窓会及び関係者に頂けますようお願い申し上げます。


「間をつなぐもの・造形な人たち展」


「第4回 ZO-TANな人たち展」